Facebook Twitter Gplus RSS
formats
Published on 2015年10月6日, by in ランチ, 和食.

お茶漬けランチに1,000円程度支払うのは抵抗ありますか?お茶漬けなんて、お家で食べるもの、と考える人には高いと感じられるかもしれません。でもそこは外食店。家で食べるお茶漬けとはまた違ったメニューが用意されています。

横浜ランドマーク内で人気の「こめらく 贅沢な、お茶漬け日和。」では、発芽玄米ご飯を採用、これに厳選具材をのせて、昆布・カツオ節をふんだんに使った特製カツオだしをたっぷりかけて食するお茶漬けを提案しています。

お茶漬け膳は、おかず、おばんざい2品、ごはん(お替わり可)、選べるお茶漬けトッピング2種、特製カツオだし、ジャスミン茶の内容で1,180〜1,280円。おかずは豚の生姜焼きやチキン南蛮、鶏唐揚げなど種類も豊富です。そう、お茶漬けを売りにはしていますが、通常の定食同様の内容で、最期はさらっとお茶漬けで〆ることを提案しているお店です。テーブルには刻み海苔やわさび、あられなど、お茶漬けの友が置いてありますから、なかなかサービス充実といえますよね。

さらに、おひつ飯は、いわゆる丼もので、鮭といくらの親子ご飯やアボカドとサーモンご飯などが1,180〜1,580円の価格でラインアップ。マグロ丼など魚介系丼を、最期はお茶漬けで頂く事ができ、一度で二度おいしい仕様に。

あまり沢山食べられない時でもお茶漬けにすれば、さらさらっといただけます。ヘルシーなお茶漬け提案は、決して高くはないでしょう。

 

同時に読まれている記事