Facebook Twitter Gplus RSS
formats

ファーストフード的に食べられるお茶漬けは、小腹が空いた時、急いでいる時にぴったりです。
和食の中でも特に吸収率も上がるメニューで、体にも良いそうです。
しかし、せっかく食べるのだから、ろくに味わうことなく食事を終えるなんてもったいないです。
美味しい具材と香り高いお出汁で、しっかりした食事になり、お腹いっぱい食べたい人、さっぱりとしたものを食べたい人のどちらの欲求も満たせます。

オススメのお茶漬け屋さんは
東京駅の八重洲北口のキッチンストリートにある「茶らく」です。

夜は串カツなどが人気の居酒屋だそうですが、ランチ時にはお茶漬け目当てのお客さんで賑わう人気店です。


店内は落ち着いた雰囲気で、ゆっくり過ごせる感じです。

ランチはメインのおかずが付いたお茶漬け膳がお勧めで、生姜焼きや唐揚げ、串カツ等のおかずにご飯はお茶漬けというセットです。
どれも1000円前後で楽しめます。

茶らく - 料理写真:だし付おひつ飯(北海鮭といくらの親子飯)+日替わり串かつのセット

お茶漬けをメインに食べたいのなら、おひつ飯がお勧めで、ご飯に具材が乗ったおひつを最初はそのままいただき、後半はお出汁をかけてお茶漬けで食べるひつまぶしスタイルです。
ご飯とお出汁はおかわり自由なので、食欲に合わせてお腹いっぱい食べられます。
マグロや鮭、うなぎ等、リッチな具材が選べます。

東京駅でランチ選びに迷ったら、ぜひどうぞ。

 

ダイニング茶らく 東京駅キッチンストリート店

〒100-0005  東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅八重洲北口1F

03-5224-3838

同時に読まれている記事