Facebook Twitter Gplus RSS
formats

お酒のつまみとして現代の定番料理とも言える焼鳥ですが、その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。
江戸時代には鶏も食材として幅広く認知されるようになり、汁物の具に使われたり、串焼きとして食べられるようになりました。

やきとり屋というものが初めて出てきたのは明治のころと言われており、大正の関東大震災以降にやきとりの屋台が登場したと言われています。

現在のようにお酒のつまみとして焼鳥が広く認知されるようになったのは、昭和30年ころからで、鶏の価格が下がり、庶民にも手軽に手を出せる食材となったのがきっかけです。

この頃から現在に至るまで、さまざまな大衆焼鳥店が登場し、世のサラリーマンのお酒のつまみとして人気をほこっています。


同時に読まれている記事