Facebook Twitter Gplus RSS
formats
Published on 2014年8月8日, by in 居酒屋, 接待.

新横浜の歴史とはどのようなものなのでしょうか?今では新横浜といえばとても近代的な街として有名ですが、

以前はとてものどかな場所で田んぼや畑があったといわれていて、

しかも新幹線が開通する前という最近まで水田地帯だったとのこと、

なんだか今の新横浜からは想像もつきませんね。しかも横浜市内最大の水田地帯だったというから驚きです。

鶴見川が中心となった水田地帯で川和から大倉山まで広がっていたのだそうです。

1964年東海道新幹線が開通したのをきっかけに環状2号線が開通したのをきっかけに新横浜は栄えだしました。

様々な企業ができたり、ホテルなどが立ち並び始めたのです。新幹線のひかりが停車するようになったのは1976年と歴史に新しいのです。

1985年には市営地下鉄が開通しました。

また横浜アリーナも出来上がり、にぎわうことになるのです。

新横浜駅にはのぞみが 1992年に停車が開始し、さらに新横浜が発展を遂げること

となったのです。

また新横浜駅はなんと2008年新幹線が全線停車する駅となりました。。。。

 

と、まぁネットで調べたことを書いただけなんですが…新横浜ってオフィス街や高級住宅街のイメージしかありませんでしたが、

有名な居酒屋さんや食事処もたくさん♪

と言っても私は全くに近いほど詳しくありませんが、2軒だけお気に入りでよく利用する居酒屋があり、今日はそのうちの一つを紹介。

店内の雰囲気や和食の一品料理のこだわりなどから接待として利用できるのが魅力的な居酒屋です

 

和風ダイニング 澄仙

 

JR横浜線 新横浜駅 徒歩3分

横浜市営地下鉄 新横浜駅 徒歩1分

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-24 SK2ビル1F

045-474-2336

澄仙 - 外観写真:外観

 

値段設定は気軽に飲みに行けるような感じではありませんが、特別な日だからこそ行きたいようなお店です。

ランチでは早い時間の接待などもできるので、昼・夜問わず人気のようです。

コース料理もありますので、家族などでもいいかもしれませんね。新横浜にある和食が美味しい澄仙にぜひ一度行ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時に読まれている記事